顧客の囲い込みというのはどこの業界でも行われていることです。

 

不動産売却の際の両手仲介ってどんなもの?

 

それが経営戦略の方法として優れたものであることは誰もが知っていることでしょう。両手仲介も同じで、不動産の買い手と売り手の両方を仲介業者が囲い込むものだと考えれば分かりやすいです。経営戦略上は当然のことだと言えるでしょう。ただ、それが問題点をはらんでいると言われることもあります。一つの仲介会社の中で完結するために、仲介業者は売却する人と購入する人の両方から手数料を得ることができ、問題点があったとしても利益のために両手仲介をすることもあるのです。

 

なぜ両手仲介に問題があるのかというと、売却する人の機会損失を招く可能性があるからです。他社に情報を公開していれば、より高い価格で買いたいという人が現れる可能性があるにもかかわらず、その可能性を否定してしまうことになりかねません。これが両手仲介の最も大きな問題だと考えられます。

 

本来、仲介会社は物件情報を指定流通機構に登録して、ほかの仲介会社に情報を開示することとされています。専属専任媒介や専任媒介の場合には、指定流通機構への登録が義務づけられています。しかし、囲い込みが行われると、一般媒介によって指定流通機構に登録しないという事が行われることもありますし、登録したとしても「交渉中」としてほかの仲介業者からの問い合わせを受け付けないと言うことが行われることになります。

 

指定流通機構に登録していれば、多くの人がその情報を見て、中にはもっと高い価格で買うことができる人が現れたかも知れません。これが売却をする人に対する機会損失となります。このようなことから両手仲介には問題点があると考えられるのですが、メリットもあるという点に注意しなければなりません。問題点があると考えるのなら、評判などを確認して囲い込みをしない仲介業者を選ぶのは良い方法ですし、一般媒介によって複数の仲介業者と契約を結ぶのも良い方法です。